えんおうさん的パチスロ名機列伝3

名機列伝の第3回目です。

3回目の機種は・・・

HANABI!

4号機
【メーカー】アルゼ
【タイプ】Aタイプ
【設定6の機械割】118%

こちらも以前のブログに書きましたね。

【昔話】本格的にパチスロを打ち始める

えんおうさんが本格的にパチスロを打つきっかけになった台です。

このあたりから社名をユニバーサルからアルゼに変更したと思います。

サンダーVに続く3連図柄を搭載してインパクト大でした。

リーチ目も豊富で通常時の小役狙いやリプレイ外しなど技術介入要素も豊富で、リールのフラッシュなどにより演出の幅が広がりました。

リール指導音の「遅れ」もHANABIが元祖ですが、実は内部的なバグで起こっていたようで元々意図したものではなかったようです。

しかしこの遅れが発生するとチェリーorボーナスという激アツ演出へと発展するので遅れが発生するだけでドキドキできました。

小役補正カウンタを利用した設定判別もできたため、えんおうさんは基本設定5以上しか打ったことがありません。

設定判別は慣れれば簡単ですが、覚えるまで少しややこしいので判別している人はごく僅かだったためかなり重宝しました。

ちなみに当時のアルゼ系の台は設定変更でリールがガックンするので、朝一ガックンすれば変更判別ができ、さらに設定判別をすれば設定5以上が確実に見抜けるのでまさに無敵状態でした。

このガックンも今でこそほとんどの方が知っていると思いますが、当時知っていた方はほとんどいなかったようです。

まあHANABIについてはこの後の昔話にも出てくる予定なのでこのあたりにしておきましょう。

【エピソード】

先ほども書きましたが、設定判別を覚えてからはほとんど設定5、6しか打ったことがないえんおうさんですが、設定5の据え置きで1週間負け続けたことがあります。

そして設定6を打った時の最高ハマりは

2,400ゲームです。

ビッグ間で2,400ゲームなのでその間にレギュラーは10回以上は引いています。このころのAタイプはビッグ、レギュラーは完全に別フラグなので純粋にビッグ間では2,400ゲームのハマりです。

低設定ならいざ知らず、設定6のビッグ確率は1/240なので10倍ハマりを食らったことになります。

先日のアイランド秋葉原店でもHANABIでビッグ間1,800ゲームほどハマらせていただきました。

確率って怖いですね。

懐かしい。

そう思った方はぜひクリックをお願いします。

5号機のHANABIで知った方もなるほど、と思ったらクリックをお願いします。

パチスロ稼働日記はコチラ
↓↓↓
にほんブログ村テーマ パチスロ稼働日記まとめへ
パチスロ稼働日記まとめ
----------sponsored link----------
↓ 応援よろしくお願いします! ↓
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
★ オススメ商品♪ ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代からパチスロを始めて18年くらいになります。 卒業後もパチスロで生計を立ていましたが、4号機後半に現在の会社に就職し、今は月に数回打ちに行く程度です。 今も昔も基本は朝から設定狙いでハイエナはあまりしません。 稼働日数は少ないので、過去の稼働や思い出、たまに仕事のことなども書いて行こうと思います。 どうぞ皆様よろしくお願いいたします。